【皆様のご無事をお祈りしております。】

このたびの震災のニュースを見聞きするほどに、心が痛みます。
被害を受けられた皆様に、謹んでお見舞いを申し上げます。

実は81歳になる私の伯父(母の兄)も被災地のひとつ宮城県の山元町在住で、
あの大地震の日から一週間経っても連絡が取れず、正直いって諦めかけていました。

しかし、8日目にようやく電話がつながり、
津波の被害でずっと電気も電話も通じなかったものの
本人は元気だということがわかりました。

ツイッター上で、この伯父のことを心配してくださった皆様、
励ましのお言葉をかけていただけるのが、とても嬉しかったです。
ありがとうございました。

実は、伯父は大地震発生時は外出しており、
帰宅してひっくり返った仏前の香炉灰をかき集めているうちに、
家の裏の畑は津波で流されていたそうです…

帰宅するのがもう数分遅れていたら、
伯父の家がもう少し低い土地にあったら、と考えると、
ほんの紙一重のところで助かったことを感謝するとともに、
そのほんの紙一重の差で亡くなった方々も大勢いらっしゃることに気づき、
思わず手を合わせております。

改めて、亡くなられた方々の御冥福をお祈りすると同時に、
一日も早い復興を祈ってやみません。

私自身、お役に立てることがあるかどうかわかりませんが、
出来る限りのことをしていきたいと思っております。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:24 最後に更新した日:2013/04/20

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM